ホーム > 研究内容

研究内容

私たちの研究室では、エネルギー変換プラントの安定的な運転のために、タービンシステムの効率と運用性向上策の検討や、過酷環境にさらされる構造材料の劣化問題に取り組んでいます。

エネルギーの高効率利用

次世代型火力発電システム確立のための高効率化技術

構造材料耐熱合金のプラントの長期運用を想定した場合の強度特性等の変化に着目し、水蒸気酸化の影響度評価、製造工程や溶接に起因した析出相が割れ経路に及ぼす影響をき裂発生ならびに進展試験により評価しています。

次世代発電サイクルのダイナミックシミュレータによる動作特性評価

二酸化炭素排出低減のための高効率発電に、再生可能エネルギー導入増加時に伴う電力系統安定性確保のための余剰電力の吸収機能を持つ負荷追随型の新たな発電システムを対象としたダイナミックシミュレータを開発しています。システム成立性の検証と、実機運用で想定される各運転モードにおける諸課題の抽出や最適なシステム構成について検討しています。

火力・原子力タービンの高効率化と高信頼性化の基礎検討

蒸気タービンにおける効率および信頼性向上を目指して、翼後縁部における水膜形成や液滴形成挙動に着目した研究を進めています。静翼後縁端からの水膜分離メカニズムの解明を通して、最終段動翼のエロージョン損傷の低減を目指しています。