ホーム > 研究内容 > 火力・原子力タービンの高効率化と高信頼性化の基礎検討

火力・原子力タービンの高効率化と高信頼性化の基礎検討

蒸気タービンシステムにおけるタービン効率向上を目指して、翼後縁部における水膜形成や液滴形成挙動に着目し た研究を進めている。翼列内での液滴が後段の翼に衝突するとブレーキ効果を生じ、タービン効率低下や材料損傷の 要因となっている。静翼後縁端からの水膜分離メカニズムの解明に基づく翼面付着水滴の低減を目指すとともに翼新 材料の適用性についての検討も進めている。